テント倉庫には多種多様なタイプがある!

テント倉庫と聞いても、あまりピンと来ない方が多いのではないでしょうか。これは軽量鉄骨の枠組みまたは骨組みに対して専用のシートを張った、簡易型の倉庫を指します。ちょうど農業の現場で目にするビニールハウスをイメージすると、理解しやすいかもしれません。ただし一口にテント倉庫といっても、キャンプで使用するような小さいものから、一棟の大きな工場のようなものまで、そのサイズは多種多様。また形状も側面開放型やドーム型、そして機能についても固定式や移動式あるいは伸縮式でなど、幅広く多岐にわたります。

使い勝手に優れたテント倉庫!その用途も幅広い!

一般的な建築物として建てられる倉庫と比べ、テント倉庫はほぼ場所を選ぶことなく、容易に設置することが可能です。このため工期が圧倒的に短く、施工費やランニングコストも低く抑えることが期待できます。実際に業種を問うことなく、あらゆる企業がそれぞれの目的に合わせながら、自由かつ柔軟に活用しています。

例えば大型の固定式タイプであれば物流倉庫や車両の車庫として、また同じタイプであっても上屋テントならば、物品や人の出入りが頻繁な荷捌き場やイベント会場などに、幅広く活用することが可能です。その一方で小型のタイプでも、ちょっとした物品保管庫にしたり、作業場で日除け用の仮設テントなどとして、やはり多彩な活用方法が期待できます。さらに折り畳み式タイプの場合には狭い土地で、移動式タイプでは物品を保管したい期間だけ設置するなど、目的に合わせた柔軟な活用が可能です。

物流は、顧客からの依頼を引き受ける運送会社や宅配業者だけでなく、荷物の運搬をする現場のドライバーや仕分けをする作業員など多くの人が携わっています。