スマホ利用者の多い職場ならアプリの導入もおすすめ

スマホ利用者が多い職場において効率よく出退勤の時刻を管理したい場合には、法人向けのタイムレコーダーアプリの導入を検討するのがおすすめです。最新のタイムレコーダーアプリの中には、ワンタッチ操作で出退勤の時刻をチェックできるものや、余計な操作が必要ないものも多くあり、人事や事務の担当者の業務負担の軽減に繋げることが可能です。こうしたアプリの使い勝手の良し悪しについては、実際に導入をしてみなければ判断できないこともあるため、試用期間に複数のアプリを並行して使ってみるのも良いでしょう。なお、社内のニーズに合うタイムレコーダーアプリを選定するうえで、人事担当者だけで判断をせずに各現場の従業員にアンケートやヒアリングをするのも有効です。

給与計算の機能があれば経理担当者が要らなくなる

オンライン上で操作ができるクラウド型のタイムレコーダーの中でも、給与計算の機能が備わっているものを活用する場合は、最小限の経理担当者だけで業務をこなせるといったメリットがあります。特に、従業員の人数に関わらず、月々数千円程度で導入が可能なタイムレコーダーについては、業種によらず多くの企業や官公庁などで導入が進んでいます。そうした中、給与計算の機能に特化したタイムレコーダーを選ぶにあたっては、実際に長く使用している他社の事例を参考にしたり、発売元に直接相談をしたりすることが大事です。その他、無駄な出費を最小限に抑えるうえで、定額制のクラウド型のタイムレコーダーを優先的に選ぶのも良いでしょう。

タイムレコーダーは、各従業員が問題なく出勤しているか人事や事務の担当者が管理するだけでなく、毎月の給与計算の際に役立つツールとしても重宝されています。